2010年06月08日

パナソニック、太陽電池事業に本格参入――国内シェア35%以上が目標(Business Media 誠)

 パナソニックは5月31日、三洋電機の買収・子会社化後初のコラボレーション商品となる「住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズ」を7月1日に発売、「パナソニックグループの総力を結集して太陽電池事業に本格参入する」と発表した。

 単結晶シリコンとアモルファスシリコンをヘテロ接合した三洋電機のHIT太陽電池モジュールは、単結晶シリコン系太陽電池としては世界最高水準の変換効率を備えているのが特徴。パナソニックグループでは、「三洋電機のHIT太陽電池モジュールと、パナソニックグループのエネルギーマネージメント技術や建材・電材技術を掛け合わせ、家電・電材・住建の各販売ルートを活用することで、急拡大する太陽光発電市場での飛躍的な事業成長を図り、2012年には国内シェア35%以上を獲得し、同市場におけるトップメーカーの地位を確立したい」とコメントしている。【栗田昌宜】

【関連記事】
パナソニックの「まるごと事業」に秘められた甘い罠
シャープもパナソニックも 家庭内の直流化はなるか?
住宅からビル・工場まで……直流配電は普及するか?

顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(読売新聞)
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
<鳩山首相>中国の温首相と会談 対北朝鮮で強い姿勢を要請(毎日新聞)
菅氏が正式出馬表明=民主代表選(時事通信)
<高額請求>弁護士を懲戒 横浜・タイヤ脱落訴訟(毎日新聞)
posted by ツボタ シンジ at 05:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。