2010年03月06日

吉川英治文学賞に重松清氏(時事通信)

 第44回吉川英治文学賞(吉川英治国民文化振興会主催)は5日、重松清氏の「十字架」(講談社)に決まった。賞金300万円。第31回同文学新人賞には池井戸潤氏の「鉄の骨」(講談社)と、冲方丁氏の「天地明察」(角川書店)が選ばれた。賞金各100万円。
 第44回同文化賞は次の通り(敬称略)。川田昇=知的障害者更生施設の設立▽久連子古代踊り保存会=絶滅の危機にひんした久連子鶏の飼育などの伝統文化財伝承▽菅原幸助=中国残留孤児の帰国支援活動▽明珍宗恭=甲冑(かっちゅう)の制作と修復に尽力。賞金各100万円。
 授賞式は4月9日、東京・内幸町の帝国ホテルで。 

【関連ニュース】
国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟
残留孤児の身元特定できず=2年ぶりゼロ
中国残留孤児が対面調査=DNA鑑定に持ち越し
「勉強見る」と浴室でわいせつ行為=NPO副理事長逮捕

<弁護士脱税>大阪の会社役員を共謀容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
松原市 家庭ごみ“ヤミ処分” 堺の無許可業者で1万トン(産経新聞)
「罪状」を「ジョウザイ」小林議員、事件に動揺(読売新聞)
域外操業でも対ロ批判変えぬ=岡田外相(時事通信)
<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)
posted by ツボタ シンジ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。