2010年02月28日

<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)

 八ッ場(やんば)ダム関連工事を受注した業者が群馬県内の自民、民主両党の政党支部などに、06〜08年の3年間で計4925万円を献金していたことが24日の衆院国土交通委員会で明らかになった。民主党の中島正純氏が国交省、群馬県の資料と県に提出された政治資金収支報告書をもとに分析した資料を示し、前原誠司国交相に調査を要求。前原氏は「できる限り調査したい」と答弁した。

 中島氏によると、01〜08年度に国や群馬県が発注した同ダム関連工事(100万円以上)のうち、264件を受注した業者が自民と民主の同県内の選挙区支部や職域別支部など計22政治団体に献金していた。内訳は自民党が19、民主党が3。献金額は代表者が国会議員(元職を含む)の団体は自民が7団体で1370万〜60万円、民主が1団体で24万円。県議や首長(同)では自民が12団体で765万〜13万円、民主が2団体で32万円と30万円。最多は自民の上野公成元参院議員の1370万円だった。

 中島氏の追及に対して、前原氏は「調べていないので談合があったかは分からないが、客観的に見れば談合が行われていたのではないかという状況だ」と述べた。【石原聖】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:国交相、初の住民と意見交換
社説:鳩山政権への手紙 前原誠司様 直球勝負に期待
湯かけ祭り:八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉
クローズアップ2010:八ッ場攻防、予算でも 計211億円計上、建設迫る6都県
群馬・八ッ場ダム建設:初の意見交換会 国交相と地元、平行線

<官房長官>天皇陛下の公的行為「ルール作り困難」政府見解(毎日新聞)
<裁判員裁判>死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件(毎日新聞)
接見回数水増しして報酬詐取容疑、弁護士逮捕(読売新聞)
<アホウドリ>土砂崩れでヒナ死ぬ 伊豆諸島・鳥島(毎日新聞)
<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)
posted by ツボタ シンジ at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。